バス釣りでのヘビーカバー攻略のためのおすすめ厳選ロッド5選!

バス釣り




バス釣りでのヘビーカバー攻略について!

バス釣りのヘビーカバーと言うのは、主に水草や倒木などの障害物のことで、

簡単に魚を引きずり出せないような、とても釣りにくい障害物の事です。

そのため、バスの警戒心が下がりますので、ルアーを食いやすくなります、

しかし、その中からバスをキャッチするのがとても困難で、障害物の奥に逃げられてラインを切られたりします、

そうならないためにも、ヘビーカバーを攻める時はしっかりしたタックルが必要になります、詳しいタックルは後で紹介します。

バス釣りでヘビーカバー攻略を可能にするおすすめ厳選ロッド5選!

シマノ最高峰ポイズンアルティマ
感度、耐久性、操作性すべてを備え持つ最高級ロッドです、一度使うと手放せなくなります。

シマノの中堅機種ポイズンアドレナ
シマノの中堅機種ですが、カーボンモノコックを採用しているので、感度もよく扱いやすい一本です。

ダイワ最高峰スティーズ
ダイワの最高峰シリーズの一本、軽さ、耐久性、感度どれをとっても最高の一本です。

中堅機種でもバッチリ使えるブラックレーベル
ダイワの中堅機種ですが、価格以上の性能でとても扱いやすいロッドです。

実績も折り紙付きエバーグリーン
実績も折り紙付きで感度、軽さ、耐久性どれも最高のロッドになってます。

バス釣りのヘビーカバーロッドに合わせるリールの選び方!

ヘビーカバーの釣りでは瞬時にラインスラッグ(糸ふけ)を取ってフッキングをしたり、

カバーに巻かれる前に引きずり出さないといけないため、絶対にハイギヤのリールが必要です。

そして、強引なやり取りになるので、剛性の高いリールと太いラインを使いますので、

糸巻き量が多いリールが必要になります。

おすすめ2機種を紹介しておきます。

アンタレスDCMD
高い耐久性とエクストラギアの高速巻取りでカバーからバスをすぐに引き離せます、DC搭載で飛距離も抜群。

ジリオン
耐久性と飛距離を両立するダイワの最高級リール、使いやすさも最高です。

バス釣りでヘビーカバーを狙う時のおすすめラインはコレ!

ヘビーカバーを狙う時のラインはおそらくみなさんフロロの16ポンド以上を想像すると思います、

しかし、ここで紹介するのはナイロンラインです。

なぜ、ナイロンラインを紹介するかと言うと、ベイトリールで太いラインを使用すると、

フロロカーボンのラインは自重が重くスプールの回転が悪くなり、飛距離が落ちるからです。

一般的にフロロラインはスレに強く感度がよく伸びにくいと言われてますが、同じ強度のラインを比べるとフロロの方が太く作られています、

なので、スレに強いと言われるようになったんだと思います。

ナイロンはスレに弱いと言われますが、実際にはそうでもありません

ラインが太くなればその分強度も上がってきて簡単には切れません、

それに、フロロラインはナイロンよりも価格が高いので、頻繁に交換していたら、お金もかかってきます。




バス釣りでヘビーカバーを狙う時の注意点

最後にヘビーカバーを狙う時の注意点を解説します。

細いラインを使わない

ヘビーカバーでバスを釣る時は、細いラインを使うと簡単にラインを切られてしまいます。

そうすると、バスにルアーがついたままになったりしてダメージが残り、バスが死んでしまう可能性があります。

なので、かけたバスは必ずキャッチする!を常に考えて細いラインは使わないようにしましょう。

 

バスを引きずり出すルートを考えてからキャストする

ヘビーカバーの釣りをする時は、狭い隙間でもいいのでバスを出すルートを考えてからキャストしましょう。

時には強引に木の枝を折りながら引きずり出すときもありますが、そうなるとバスにもダメージを与えてしまいます。

自然に遊んでもらってるという事を忘れずに、自然に感謝して楽しく釣りをして行きましょう。

それではまた~



 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました