バス釣り初心者限定のおすすめワーム5選!付け方や使い方のコツも紹介!

バス釣り




バス釣り初心者におすすめのワーム5選を紹介

バス釣り初心者におすすめのワーム5選を紹介します。

詳細は次で解説します。

ゲーリーヤマモト4インチグラブ


ジャッカルフリックシェイク3,8


OSPドライブクロー


マイクロクローラー


ジャッカル活け虫






バス釣り初心者におすすめのワームを詳しく紹介

まず、すべてのワームに言えることですが、ワームはきれいにハリに付けないと、いい泳ぎをしません、

いい泳ぎをしないと、魚も釣れなくなります。

どうすればきれいに針に付けれるかと言うと、答えは簡単!ハリをワームに重ねるだけ、

そうすると、ハリを通す位置が分かりますよね?それをやってから針につけると、簡単にきれいに付きます。

それでは解説していきます。

ゲーリーヤマモト4インチグラブ

このワームは超ど定番のワームです。

初心者のうちはアクションなどをつけるのが難しいと思います、

なので、投げてただ巻くだけと言う、とても簡単に使えるので特に初心者におすすめしています。

そしてよく釣れる!ちなみに私が初めてバスを釣った思い出のワームもこのゲーリーヤマモト4インチグラブでした。

 

ジャッカルフリックシェイク3,8

このワームは色々な使い方がありますが

専用のジグヘッドと言う重りと針が合体したものを使います。これが一番扱いやすくよく釣れます。

ゲーリーヤマモト4インチグラブほどアピール力がありませんが、広い場所でも使いやすいワームになってます。

 

OSPドライブクロー

このワームはザリガニなどの甲殻類に似せたワームでよく、テキサスリグやラバージグに付けて使われます。

初心者におすすめする場合はジグヘッドやテキサスリグをおすすめしています。

その方が使い方が簡単だからです。

このワームの一番の使い所は、カバーと言われる障害物周辺での釣りに向いてます、

初心者におすすめしている記事なので、スピニング一本と仮定すると、太い糸が使いにくいので、

障害物の中に入れていく釣りより障害物の周りに落として釣りをしていくほうがいいと思います。

 

マイクロクローラー3インチ

このワームはスリムで短いので広い場所を釣るのは不向きですが、バスが見えてる時や居そうな所を釣るときはエサかと思うほどよく釣れます。

使い方はダウンショットリグでマスバリと言う小さいハリにワームを付けてから使う方法が一番使いやすいと思います。

他に、もしバスが見えていたら、重りをつけないノーシンカーで投げると結構釣れます。

私はネコリグと言うワームの頭に専用のおもりを付ける釣り方でも使っていました。

 

ジャッカル活け虫

このワームは少し変わっていて、

まずおもりは使わないノーシンカーでマスバリを頭にかけて水面に浮かせて使います。

名前のとおり、いきた虫をイメージする感じです。

なので、使う場所は岸際で、実際に虫が落ちてきそうな所で使います。

実際にフィールドで岸際を見ているバスを見かけることがあると思います、

これは岸から誤って飛び込んでくる虫を狙っているバスです、

こんなバスを見つけたらこのワームを投げましょう、投げる場所は魚から少し離れた所に投げましょう、

目の前に投げると、びっくりして逃げてしまいます。なので魚から1メートルから2メートルくらい離して投げるようにしましょう。

あとわざとラインを木に引っ掛けて釣るちょうちんと言う釣り方もありますが、

コツがいるのでまた次の機会にでも紹介します。

バス釣り初心者におすすめのワームの使い所や裏技を紹介

ここではおすすめしたワームの使い所や裏技を紹介します。

ワームには得意、不得意の場所があります、不得意の場所で使ってもなかなか釣果は伸びません、

バス釣りでは、アピール度が高いワームから使うのが基本です、おすすめした中で一番アピール度が高いのが、

ゲーリーヤマモト4インチグラブです。

これは基本的にただ巻くだけでバスが釣れるので、バスにアピールする力が強いのです、

なので初めて行く場所ではまず、このワームから投げましょう。

余談ですが、今回はワームしか持っていないと仮定しての話ですが、もしルアーを持っているなら、

アピール度が高いルアーから投げましょう。その方が効率よくバスを釣っていけます。

次に投げるのは、どれだと思いますか?

答えは、場所によって変わってきます。

おすすめしたワームを適材適所に使っていきます。

魚が見えたら、活け虫やマイクロクローラーを投げて、見えないようなら、

フリックシェイク3,8インチを投げて様子をみる、それから、周りで釣れている人がいたらその人の真似をしましょう。

私が釣りを始めた小学生の時は釣れた人に片っ端から、なんで釣れたか聞いていました。

そして、真似をして同じワームを投げる。もし同じワームを持っていなかったら、似たようなワームを投げるようにしていました。

裏技的な使いかたを教えますが、ドライブクローはよく、魚に腕をチギラれます、

片腕になると見た目に釣れなくなるような気がするので、反対の腕もチギッてあげます。

そうすると、アピール力は下がりますが、意外と釣れたちゃうんです。

そしてゲーリーヤマモト4インチグラブも、釣りをしていると、しっぽをチギラれたりします、

その場合は思い切ってしっぽをチギッてあげましょう。

そうすれば、同じメーカーのイモグラブと言うワームに変身します。

このワームは空気抵抗が少ないので、飛距離が増して遠くのポイントが狙えるようになります。

後少し届かない、そんな時にはイモグラブが役にたちます。

それからワームは季節でも使い分けをします、基本的に冬は虫はあまり居ないので、

活け虫は虫が居る、春から秋にかけてが使いやすいです、

障害物の周りを狙うように言っていたドライブクローは、冬場は駆け上がりなどをゆっくり

ズル引きすると釣れたりします。

ワームにはセオリーはありますが、決まりはありません。なので自分のひらめきで使っていくといいと思います。

初心者の方と釣りに行くと今まで考えてなかった使い方をしたりすので、そういう時は、なるほど、そういう使い方があったかと勉強になったりします。

なので、基本的な使い方を覚えたらじゃんじゃん自分流の使い方を見つけて行ってください。




コメント

タイトルとURLをコピーしました