ファミキャンの簡単な始め方はこうしよう!持ち物や予約方法も解説!

ファミリーキャンプをしているアウトドアギア

 

みなさんこんにちは!ゆうきです。

先日会社の同僚からこんな相談をうけました。

 

ファミキャンを始めたいけど、知識も道具もないし~でもYouTubeの動画を見てると楽しそう!簡単な始め方を教えてくれない?

こんな疑問をお持ちならこの記事を読むとファミキャンの簡単な始め方が分かりますよ。

 

私も初めてファミキャンをしたときは全く分からず四苦八苦していました、そこからソロキャンプやファミキャンを何度もして今では周りから相談を受けるようになりました。

 

私の体験談も交えながらファミキャンの始め方を解説していきます。

それではどうぞ~



ファミキャンの簡単な始め方を解説します。

それではファミキャンの簡単な始め方を解説していきます、まず、キャンプを始めるときに一番迷うのがキャンプギアではないでしょうか?

 

どのテントを買ったらいいのか、カトラリーはなにがいるのか、焚き火台に寝袋に、、、

 

そりゃ分からなくなりますよね?私もそうでした、そこでまず、家にあるものを流用しましょう!

 

カトラリーは家にある食器を使い、寝袋も持ってなかったので、家にあった毛布やタオルケットを持っていきました。

 

その他のキャンプ用品はキャンプ場でレンタルすればいいんです、そうして管理人さんに初めてなのでテントの立て方もよくわからないと伝えると手伝ってくれるでしょう。

 

テントと焚き火台を借りれば他のものは家にあるもので流用可能なので、初めてファミキャンをするときはレンタルするのがいいと思います。

 

それから自分がほしいテントや焚き火台や寝袋など欲しい物を揃えていくと失敗も少なくてすみます。




ファミキャンの簡単な始め方と予約方法を解説。

キャンプ場の予約方法がわからない、なんと伝えたらいいのかな?そういうふうに最初は思うと思います、

 

でもそこは管理人さんがしっかり聞き取りをしてくれますので心配せずに電話してみましょう。

 

そのときに初めてキャンプをすること、テントや焚き火台をレンタルすること、テントの張り方がわからないから教えてほしい、など前もって伝えておくといいでしょう。

 

キャンプ場にはオートサイトとフリーサイトがあります、オートサイトとは車を停めた横にテントを張れる場所のことで、フリーサイトはここはどこでもテントを張っていいですよ、という場所が2種類あります。

 

オートサイトは車の横にテントが張れるので、もしも雨が降ったりしたら車に避難することも出来ます、なかには電源付きのサイトもあるので夏場は扇風機や、冬場に電気毛布などを使えたりもします。

 

それに荷物を運ぶ距離も短いのでとても楽です、初めてのキャンプならオートサイトを選ぶのもありですね、その代わりオートサイトは少し料金が高く設定してあります。

 

次にフリーサイトはどこでもテントを張っていいので好きな所に張れます、川の近くや、木の下など自分がここがいいと言う所に張れるのが魅力です、オートサイトと違い、区画が区切ってないので、お隣さんと異様に近かったりするので少し気を使うこともあります。

 

しかし、オフシーズンや人が少ないキャンプ場ならフリーサイト貸し切りなどもあるので、一長一短がありますね。

 

初めてのキャンプなら私はオートサイトをおすすめします、上にも書いたようにとにかく楽です、電気は使えて、荷物の運搬も少なくてすみますからね。

 

それから、キャンプ場は無料のキャンプ場でないかぎり料金がかかります、もし行けなくなったら、キャンセル料が発生する場合もありますので、もし行けなくなったら早めにキャンプ場に連絡しましょう。

 

 

ファミキャンの簡単な始め方のまとめ!

いかがでしたか?ファミキャンは簡単に始められそうですよね?

 

外で食べるご飯はおいしいし、非日常を体験できるし、いい事ずくめだと思います、子供が外で思いっきり遊ぶのを見ると私自身も嬉しくなりますね。

 

そして子どもたちが寝たあとは、夫婦で焚き火を見ながらゆっくりお酒を飲むとかなりリラックス出来ますよ。

 

慣れてくるとキャンプのご飯もこだわったり、いろいろなキャンプギアを揃えたくなって来ます。

 

そしてファミキャンをすると、家に居るときには体験できない事が出来るので家族での思い出になります、子供が大きくなったらあのときここでキャンプしたとか、あの時のキャンプはこうだったとか。

 

思い出が沢山出来ます、私がファミキャンを始めたのも小さいときにキャンプに連れて行ってもらってたからなのかもしれません。

 

最後になりますが、ファミキャンは最高ですよ、ファミキャン初めてみませんか?

 

それではまた~




コメント

タイトルとURLをコピーしました