激安フィッシングカヤックは使えるか?使って分かった事を完全解説!

激安フィッシングカヤックカヤックフィッシング

こんにちはゆうきです。

今回は激安フィッシングカヤックが使えるのかを解説していきます。

私自身激安フィッシングカヤックを海で使ってみていい所や悪いところをもう1台所有しているペスカドールプロ12と比べて行きます。

この記事を読むと激安フィッシングカヤックが使えるかどうかが分かり、実際に使う際の注意点なども知ることが出来ます、それでは本題に入っていきましょう。

どうぞ~




激安フィッシングカヤックは使えるのか?分かった事を解説!

激安フィッシングカヤックは使えるのか?結論から言うと使えます!私が持っているものはヤフオクで販売されていたモデルの激安フィッシングカヤックですが、このカヤックで色々な魚を釣ることが出来ました。

 

カヤックの幅が広いので安定性はあります、カヤックの長さが短いのと船底の形状的にあまりスピードは出ません、このあたりは私が乗っているペスカドールと比べるとはっきり分かります。

 

しかし、値段を見るとペスカドールの半額以下なのでそのあたりを考えるとコスパがいいと思います。

 

なので、この激安フィッシングカヤックは間違いなく使えます。しかし、そこには少し注意点がありますので、そのあたりを次で解説していきます。

激安フィッシングカヤックを使う時の注意点はここ!

激安フィッシングカヤックを使うときに注意する点があります、その解説をしていきます。

 

一番注意しないといけないのが、このカヤックには標準でロッドホルダーやハッチなどが付いています、そこの僅かなスキマから水がカヤック内に入ってきます、なので、そこのスキマを止水処理をしてあげないといけません。

 

この作業を怠ると実際に海で使うときにカヤックの中に水が入りどんどん沈んでいきます、怖いですよね?

 

私は沖で沈みたくなかったのでしっかり止水処理をしました、止水処理のやり方はホームセンターでコーキングとコーキングガンを買ってきて、ロッドホルダーを一度外し、元々コーキングしてあった場所に少し多いくらいのコーキングを塗ってまた組んでいきます。

 

ハッチの方は私は外さずに周りとボルトの穴にコーキングを塗っていきました、この他にも水抜きドレンやパドルをかけるコードの穴など、カヤック内に繋がっている穴という穴にすべてコーキングをしました。

 

これをしていないときは、雨が降るときに外に置いてたらカヤック内に雨水が結構入っていました、しかし、この作業をしてからは入らなくなりました。

 

それからこのカヤックは標準でスカッパーホール(水抜き穴)を塞ぐゴムの栓があるのですが、これは使わないほうがいいですね。

 

なぜならこのカヤックは結構喫水が浅いので波が少しあるとカヤック上に入ってきます、この現象はシットオントップカヤックでは避けられない事です。

 

この水が入って来ても構造上スカッパーホールから排出されるので水は貯まらないのですが、ここをゴム栓で塞いでしまうと水が排出されずにカヤックの上に水がたまり、どんどん沈んでいってしまいます。

 

それからペスカドールプロ12はシートの高さを変えれるので、お尻は濡れませんが、このカヤックはどうしてもお尻が濡れてしまいます、なので、着替えを持って行ったほうがいいですよ。

 

カヤックに乗る場合はみなさん濡れてもいい格好で着替えも持って行くと思うので、ここは心配いりませんね。




激安フィッシングカヤックは使えるかのまとめ!

激安フィッシングカヤックは使えるかという聞かれたら、結論は使えます!

 

上で説明した止水処理とスカッパーホールの事に注意すれば間違いなく使えるカヤックです。もちろんしっかりしたメーカーのカヤックに比べると劣る部分もありますが、そこは価格の差で打ち消しているのかなと思います。

 

もし、ここまで読んで激安カヤックは少し怖いな~と思った方はおすすめのカヤックや初心者が最初に揃えるべき道具の記事のリンクを下に貼っておきますので良かったら参考にしてみてください。

カヤックフィッシング初心者が揃える道具を徹底解説!釣り方や注意点も紹介!




コメント

タイトルとURLをコピーしました