トゥルーラウンド115Fがヒラスズキに超絶オススメの理由

タックルインプレ

こんにちはゆうきです。今回は私がヒラスズキ釣行で最も信頼のおけるエバーグリーンのトゥルーラウンド115Fを紹介しようと思います。

先日会社の釣り仲間とこんな話になりました。

ヒラスズキ釣りに行く時に何のルアーから投げる?俺はトゥルーラウンドかな~サスケもいいけどトゥルーラウンドの方が圧倒的に釣れる気がするのは俺だけかな?

こんな会話をしていて私以外の釣り仲間も結構トゥルーラウンド使っているんだなと思いました。

 

この記事を読むとトゥルーラウンドのいい所やマル秘の使い方が分かりヒラスズキの釣果UPが期待できます。




トゥルーラウンド115Fのスペック

トゥルーラウンド115F

トゥルーラウンド115F

津留崎義孝プロデュース。抜群の飛距離と安定感のある
タイトウィグルアクションのワールドスタンダード・リップレスミノー。

サラシに描いた理想のトレースコース、荒天を切り裂きそのスタートポイントまでカッ飛ぶ驚異の飛行性能。着水後は2つの大粒ウエイトを強力マグネットで即座に固定。素早い立ち上がりと安定した泳ぎでチャンスを逃しません。特殊形状オフセット傾斜ヘッドは、流れの変化でバランスを崩すいわゆるリップレスミノーとは一線を画し、安定したタイトなウィグルアクションを発生させる設計。低速から高速リトリーブまで少々の荒波でもしっかりアピールします。また、太軸・大型フックに交換してもバランスを崩さない十分な浮力を確保したファットボディ形状は、世界で活躍する津留崎のこだわりです。

全長11.5cm自重18.5g
タイプフローティング潜行レンジ0.5~1.0m
リング(スナップ)サイズ【フックアイ】 フロント:#4・リア:#4
フックサイズフロント:#3・リア:#3
価格1,800円(税別)

出典元:EVERGREEN(エバーグリーン)HPより

トゥルーラウンド115Fってどんなルアー?

九州の有名人津留崎さんがプロデュースしている、ヒラスズキ用ルアーで、移動重心式のルアーでしっかりウエイトを乗せてキャストすれば、結構でかいウエイト移動音(カチーン)を出してかっ飛んでいくルアーです。

 

泳ぎもサラシに揉まれても、ベタ凪のときでもしっかり泳いでくれる、信頼のおける超一軍ルアーです。

 

私は標準よりワンサイズ大きいフックサイズを使用してますが、泳ぎが悪くなることなくしっかり泳いでくれます。

少し話はそれますが、私はカルティバのフックを使用しています、がまかつのフックも以前は使用していました、しかしがまかつのフックは限界を超えるとフックが折れてしまいました。

 

しかしカルティバのフックは限界を超えると伸びていました、何度かフックが折れてバラしてしまいました、それからカルティバのフックを使ったら折れずに伸びてかろうじてキャッチ出来たことがありました。

 

この事があってからは折れてバラすより伸びてもキャッチ出来たほうがいいなと言う考えからカルティバのフックを使うようになりました。

 

決してがまかつのフックが悪いという訳ではありませんよ、シーバス用のルアーなどはがまかつのフックを使ってます、大物用にはカルティバのフックを使用しています。

 

トゥルーラウンド115Fが選ばれる理由

トゥルーラウンド115Fが選ばれる理由はなんと言っても扱いやすさでしょう。

 

ヒラスズキ釣行は悪天候が付き物ですが、そんな強風下でも逆風をもろともせず風を切り裂いてカットんでいく飛行性能はヒラスズキ釣行においてなくてはならない性能の一つです。

 

着水と同時にウエイトがマグネットに固定されてすぐに泳ぎだすレスポンスの良さもサラシが広がるタイミングに合わせて引けるので、

 

チャンスを逃さずに自分のものに出来るルアーそれがトゥルーラウンド115Fだと思います。



トゥルーラウンド115Fを実際に使ってみて

実際に使ってみた感想ですが、その時のタックルデータは、ロッドがグリッサンド109にツインパワーSW5000にPE2号リーダー40ポンド、このタックルでまずフィールドで投げてみるとその飛距離に驚きました。

下にグリッサンド109の解説記事を貼っておきますので、気になる方は見ていってください。

ツララグリッサンド109がヒラスズキアングラーに選ばれる理由

 

届くかな?と微妙な距離にサラシが出ていましたが、フルキャストしたら、らくらくサラシの先まで飛んでいきました。

 

向かい風の状況でも風を切って飛んでいく感じの飛行姿勢で狙ったサラシまで一直線に飛んでいってくれます。

 

 

その時は風が結構吹いていて釣りがし難い状況でした、私は風がある時は絶対トゥルーラウンド115Fから投げます、

 

もちろん定番のサスケ列波120や剛力130やサイレントアサシンも持っていきます、サスケや剛力が風に弱いと言うわけでは決してありませんよ、

 

 

全部私の一軍ルアーなのでいつでも使えますが、やっぱりトゥルーラウンド115Fの絶対的信頼は譲れないものがあります、

 

トゥルーラウンド115Fは一度リップで水をかむと絶対離さずにしっかり泳ぎます、サラシの引き波でもしっかり泳いでくれます、

 

私はあえて一瞬テンションを抜いてリアクションで食わせたりもします、型にはまらないが型にはまった使い方でもしっかり仕事をしてくるいいルアーだと思います。

 

 

大型のふと軸に交換していたので、でかいヒラスズキが来てもフックを伸ばされる心配をしなくていいので、気持ちの面での余裕を持ってファイトが出来るのも、キャッチ率を上げる大きな要因かもしれません。

トゥルーラウンド115Fまとめ

いかがでしたか?エバーグリーンのトゥルーラウンド115Fヒラスズキ釣行において絶対になくてはならない一軍ルアーです、値段が少々お高いですが持っておいて損はないルアーだと思いますよ。

 

飛距離とサラシに揉まれてもしっかり泳ぐ安定性、フックを大型ふと軸に交換してもしっかり泳ぐ安定した浮力に誰が使っても扱いやすい操作性、まさに優等生ルアーです。




 

コメント

タイトルとURLをコピーしました