石鯛釣りを完全解説します!仕掛けと餌の付け方や道具も紹介します!

石鯛釣り

こんにちはゆうきです。

今回は石鯛釣りの解説をしていきます。

先日こんな相談を受けました

石鯛釣りの餌の種類やハリの刺し方、仕掛けの種類など教えてください!

こんな疑問に答えていきます、今回は石鯛釣りの完全解説なので少し長くなりますが詳しく解説していきます。

目次で読みたい所に飛んでもらえると快適に見ていただけると思います。

今回の記事の内容

・石鯛釣りで必要な道具を解説します

・石鯛釣りの仕掛けを紹介します

・石鯛釣りの餌の種類を紹介します

・石鯛釣りの餌の付け方を解説します

・石鯛の釣り方を解説します

それでは見ていきましょう~



石鯛釣りで必要な道具を解説します

石鯛釣りで必要な道具を解説します。

まずはロッドから

ロッド

まず、石鯛釣りのロッドには一般的に4.8~5.4メートルのロッドで硬さがMH表記のロッドが初心者にも扱いやすいとされています。

 

そしてロッドには2種類のロッドがあります、振り出し竿と継竿があります、両方メリットデメリットがあります。

 

振り出し竿はよくチヌやメジナのフカセ釣りで使われているような伸ばして使う竿のことです、この振り出し竿は価格が安いですが重量が重くなってしまいます、それに強度も振り出し竿なので継竿に比べると弱くなってしまいます。

 

次に継竿ですが、これはルアーロッドのように繋いで使うタイプです、継竿のほうが構造上軽くて強い竿が作れます。

 

しかしその分価格が高くなってしまいます、石鯛竿でよく使われるのはこの継竿の方です。

 

もしどちらを買っていいか迷った時はどのくらいこの釣りをしたいかで選ぶといいと思います、とりあえず石鯛を釣ってみたいけど、あまり予算はかけたくないな~と思うなら振り出し竿がいいですね。

 

逆に石鯛釣りをガッツリやっていきたいから長く使えて使いやすい竿がほしいと考えてるなら間違いなく継竿をおすすめします。

 

石鯛竿はよく一生モノと言われますが、10年経っても現役一軍で活躍している竿もあるので高いからコスパが、、と言うより長い目で見るとずっと使える竿と考えると安いのかもしれません。

 

とは言え石鯛竿はエントリーモデルでも結構な値段がします。

 

なので最初は中古を買うのもありかな~と思います、オークションサイトやフリマサイトは商品の見極める力がいるので目利きに自信がるならいいと思いますがあまり自信がないなら中古釣具店で買うのがおすすめです。

 

タックルベリーなどは商品の評価をしているので評価を気にして買えば余程ハズレを引かされることもないと思います。

 

ベリーネットでは全国に発送もしてもらえるので釣具屋を何店舗も回るよりいいかもしれませんね。

リール

次にリールの紹介をしていきます。

石鯛釣りのリールは専用のカウンターが付いているものがおすすめです。仕掛けをどれくらい投げたかや今当たっている水深の深さなど重要な情報を得られるのでカウンター付きを買うようにしましょう。

 

リールのサイズですが、自分が一番やる(やりたい)釣りのスタイルで決めていいと思います。

 

手持ちで釣りをするならシマノの2000番、ダイワの20番クラス、置き竿をするならシマノの3000~4000番クラスで、ダイワの30~40番クラスがいいと思います。

 

またリールの大きさは糸巻き量にも関係しますので遠投をするなら大きめのリール、足元を狙ってあまり遠投しないなら小型のリールでいいです。

 

石鯛釣りのリールには糸をきれいに巻いてくれる機能のレベルワインダーが付いていません、なのでリールにラインを巻く時はハンドルを握る反対の手の親指でラインが綺麗に巻けるようにアシストして下さい。

 

ライン

石鯛釣りのラインはナイロンラインとPEラインが使われます。

 

ナイロンラインは18~22号がよく使われます、初めて石鯛をされる方はナイロンの20号を使うといいと思います。

 

最近ではPEラインを使う方も増えてきました、PEラインは12~15号あたりがおすすめです、PEラインが細いラインを使えるので遠投のするときの飛距離が出やすくなります。

 

それに感度もいいので使う方が増えているのでしょうね、ここまで聞くとなんだ~PEラインのほうがいいじゃん~と思われるいると思いますが、はじめの頃は絶対ナイロンラインをおすすめします。

 

その理由は石鯛釣りでは両軸リールを使うので投げるときにサミング(ラインの出るスピードを指で調整する)しないといけませんが、これを失敗するとバックラッシュというトラブルが起きます。

 

これがPEラインで起きてしますとまず修復できません、それに比べてナイロンラインはしなやかで扱いやすいのでバックラッシュも起きにくくナイロンラインの方が仕掛けを結んだりするときも簡単です。

 

なので最初はナイロンライン一択でいいと思います。

 

ライフジャケット

石鯛に限らず釣りをする際にはライフジャケットを必ず着用しましょう。

 

万が一海に落ちてしまってもライフジャケットを着ていれば沈まずに助かる可能性が高くなります。

 

あなたの帰りを待つ家族がいますので必ず着用して下さい、毎年ライフジャケットを着用せずに命を落とさる方をニュースなどで見ますが、起きてからでは遅いんです、海難事故は起こさないようにしましょう。

 

それにライフジャケットにはポケットが付いていますので小物類はライフジャケットのポケットに収納すると取り出す時も素早く出せるので一石二鳥です。

 

最後にしつこいようですが必ずライフジャケットは着用してください。

 

スパイクシューズ(磯靴・磯長靴)

石鯛は足場が良い堤防だけではなく、足場の悪い磯でも釣りをします、磯はとにかく滑ります。

 

磯の上を普通の運動靴で歩くと分かりますが、濡れてる所なんかは特に滑ってまともに歩けません。

 

なのでスパイクシューズが必要になります、スパイクシューズと書きましたが、靴底にも3種類あります。

 

フェルトとピンと両方ついてるフェルトピンがあります、一番おすすめなのがフェルトピンです。

 

両方のいいとこ取りなのでまず磯の上でも滑ることはありません、予算が許すならフェルトピンを買いましょう。

 

予算が厳しいならスパイク付きの長靴は釣具店でも安く売られていますのでそれでも問題はないです。

 

逆にフェルトだけの靴はあまりおすすめしません、コケがあると結構滑ります。

 

道具入れ

道具入れですが、堤防にしろ磯にしろ道具はタックルバックなどに入れておいたほうがいいです。

 

まず居ないと思いますが、釣具屋で買ってきた道具をコンビニ袋などに入れて移動すると破けたら最悪ですよね。

 

それにタックルバックは防水性のものが多く雨が降っても大事な道具が濡れなくて済みます、それからタックルバックは肩から下げれるベルトが付いているものがおすすめです。

 

移動の際に肩に掛けたほうが楽に歩けるからです、渡船を利用して沖磯などで釣りをする方はハードタイプがおすすめです。

 

渡船では荷物は重ねるので柔らかい保冷バッグみたいなものだと自分の道具が下敷きなって大事な道具が破損する可能性があります。

 

仕掛け

仕掛けの詳しい詳細は下で解説しますが、石鯛釣りでは根回りを釣るので切られないようにワイヤーを使います、他にも特殊なサルカンや重りなどが必要になります。

 

仕掛けを自作する方もいますが、最初は釣具屋に売ってある石鯛仕掛けを使うといいと思います。

 

餌入れ

餌入れは生きている餌を鮮度を保ったまま置いておくために必ず必要です。

 

よく使うガンガゼなどは餌入れに入れて約1時間に一回は餌入れの水を交換する必要があります。

 

またガンガゼなどの石鯛釣りの餌は結構場所を取るので大きめの40リットルくらいのバッカンがおすすめです。

 

水くみバケツ

水くみバケツは餌入れの水を交換するときや手を洗うとき、最後に片付けをするときにマキエを割ったり〆た魚の血で汚れた場所を掃除するときに使います。

 

水くみバケツは他の釣りでも役に立つので持ってなかったら揃えておきたいですね、安いものでも構いませんが、安いものは水が汲みにくかったりするのでちゃんとしたメーカー物がおすすめです。

 

トングとハサミ

トングとハサミは百均のトングやハサミでも代用できます。

 

ガンガゼの棘を切るときに素手では触れません、ガンガゼの棘には毒があり間違って触ってしますと1週間くらい痛い思いをします。

 

なのでトングでガンガゼを掴んで棘をハサミで切って行きます、専用のウニ掴みがありますが気に入ったものが出来たら買えばいいかな~と思います。

 

竿受け

竿受けは置き竿をするときに使います。磯の小さい穴やスリットにハンマーで打ち込んで使います。

 

置き竿する時は石鯛がかかって竿を持っていかれないように尻手ロープを使い竿受けなどに固定します。

 

これをしていないとちょっとよそ見をした瞬間大事なタックルが海へとすっ飛んでいきますので注意して下さい。

 

ハンマー

ハンマーは上で紹介した竿受けを打ち込んだりマキエとなる赤貝を割ったりするために使います、百均の小さいハンマーでも打ち込めなくはないですが、なかなか入らないのできちんとしたハンマーを買うことをおすすめします。

 

釣具店の石鯛コーナーの所にはだいたい置いてありますし、ホームセンターで気に入ったものを買っても問題はありません。

 

スコップ

スコップはマキエを潰してマキエを撒くときに使います、これも百均のスコップでも代用出来ます。

 

調べると色々なものがありますのでデザインが好みのもので問題ありません。プラスチックのものはもしも割れたら使えなくなるのでやめたほうがいいですね。

 

ロープ

ロープは水くみバケツで使ったり尻手ロープとして使ったり色々使いみちはあるので持っておいたほうがいいです。

 

ロープも釣具屋にいくと置いてあります、水くみバケツをすでに持っていたり、尻手ロープを持っているなら持っていかなくてもいいかなと思います。

 

ラインカッター

ラインカッターは道糸を切ったりするのではなく、根がかりしてやむおえず仕掛けを切るときに使います。

 

石鯛釣りでよく使われるナイロンの20号はそう簡単には切れません、素手で切ろうとすると確実に怪我をします。

 

怪我をしないためにラインカッターに糸を巻き付けて引っ張って切ります、ラインカッターを使わずに竿を真っ直ぐして切ろうなんて思わないで下さいね、竿が折れたりリールが壊れたりします。

 

ウニ通し

ガンガゼをつけるときにウニ通しを使います。

 

先端がカギ状になっていてそこに針がついたワイヤーを引っ掛けてウニを貫通させます、この道具は必ず持っていきましょう、これがないと餌が付けれない、、、となる可能性があります。

 

ナイフ

ナイフは魚を〆たりするのに使います、ナイフは海釣りで他の釣りをしているなら大体持ってると思うので手持ちのもので問題ありません。




石鯛釣りの仕掛けを紹介します

石鯛釣りの仕掛けを紹介します。

ここでは石鯛釣りの仕掛けを2種類紹介します。

はじめに謝っておきますが、絵心がない私が両方の仕掛けの絵を書いていますので見にくいかもしれませんがご了承下さい。

遠投仕掛け

遠投仕掛けは関東などの遠浅の磯などでよく使われる釣法ですです。三叉サルカンを使い捨ておもりを使うことでもし根がかりしても重りだけ切れてメインの仕掛けは回収できる仕掛けです。

宙吊り仕掛け

この宙吊り仕掛けは九州などでよく使われます、足元から急に水深が深くなるので遠投する必要がありません。

宙吊りとはいいますが、中層を漂わせる釣りではありませんので、間違えないようにして下さい。

 

底からのカケアガリの途中を釣るので宙吊りと言われています。


国内最大級の釣り動画サービスはこちら

石鯛釣りの餌の種類を紹介します

石鯛釣りの餌の種類を紹介します。

・ガンガゼ

石鯛の代表的な石鯛の餌で年中使えて比較的手に入りやすくて人気の餌です。

 

棘をハサミで切り取りウニ通しを使いハリに付けていきます、棘には毒があるので素手で触らないようにして下さい。

 

ウニ系の餌は生きた状態で釣り場に持っていくのでウニが弱らないように1時間に一回は水を変えるようにして下さい。そうすると弱りにくくなります。

 

・バフンウニ

バフンウニは他のウニ系の餌より少し小さいですが石鯛釣りではメインの餌になります、基本的にはバフンウニは個数売ではなく、量り売り(キロ単位)が多いです。

・赤貝

赤貝も石鯛釣りの有力な餌です、エサ取りが居ない場合はむき身で4~5個を数珠がけして使います、エサ取りが多い場合は殻を少し割って使うといいです。

 

・ヤドカリ

ヤドカリは超有望な餌です、ヤドカリが手に入れば石鯛は釣れたも同然と言われるくらいよく釣れる餌です。

 

最近ではなかなか手に入りにくいので釣具屋や渡船屋さんに情報収集して手に入る時はしっかり入手するようにしておくといいですね。

 

・サザエ

サザエは石鯛釣りで昔からよく使われる餌です、殻を割ってハリにつけて使います。

 

 

石鯛釣りの餌に関しては必ずしも釣具屋や渡船屋で買わないといけない訳ではありません。

 

時間があるときに磯歩きをしてみると意外とガンガゼが居たりすることがあります、まだ私が石鯛釣りに興味がないときに地磯でシーバス釣りをしていました。

 

するとおじさんが磯をなにか探しながら歩いていました、一緒に行っていた人にあの人は何をしているのか聞いたら、石鯛用にガンガゼを取っていると聞きました。

 

なので時間がある時は自分で取るのもありですね、私は面倒くさいので買いますが、、それに最近では通販でも冷凍ですが餌を確保できるようになりました。

 

石鯛釣り師の間では活餌と冷凍エサで釣果に差が出るという話はよく飛び交いますが、そこまで気にしなくてもいいのかな~と思います。

 

活餌が釣果がいいようですが、活餌が手に入らなくて釣りに行けないや活餌は高いから渡船代がないというのは勿体ないですよね。

 

冷凍エサもうまい具合に使いながら石鯛釣りを楽しむといいのかな~と思います。

石鯛釣りの餌の付け方を解説します

石鯛釣りの餌の付け方を紹介します。

 

石鯛釣りは他では使わない餌を結構使うのでどうやって餌を付けたらいいのか分からない、という方も多いと思います。

 

特にガンガゼは石鯛釣りのメインの餌ですが棘を切ってウニ通しで貫通させて、、、と言われてもわかりませんよね?

 

百聞は一見にしかずということで分かりやすい動画を貼っておきますので参考にして見て下さい。

石鯛の釣り方を解説します

石鯛の釣り方を解説します。

石鯛釣りでは竿受けに竿を置いてアタリをまつ置き竿と竿を持ったままアタリを待つ釣り方があります。

 

特に決まりはないですが、遠投仕掛けのときは置き竿をして、宙吊りの時は竿を手で持ってアタリを待つスタイルがいいのかなと思います。

 

その理由は遠投用で使う竿は飛距離を稼ぐために長めの竿を使うことが多いです、それにラインもたくさん巻けるサイズが大きいリールを使うことが多いです。

 

なので遠投仕掛けの方がタックルの重量が重くなります、重い遠投仕掛けのタックルは持つより置いたほうが楽ですよね。

 

なので遠投仕掛けは置き竿がおすすめです。

 

逆に宙吊りは遠投を必要としないので竿は短めでリールも軽めなので軽めのタックルになります、なので手持ちで釣りをすることが多いです。

石鯛がよく釣れる時期を解説

石鯛がよく釣れる時期を解説します。

 

石鯛がよく釣れる時期は年に2回あります、春の石鯛のノッコミのときと水温が下がりだす秋口です。

 

石鯛が活発に行動する水温は20度前後だと言われています、なので春と秋によく釣れるシーズンが来ます。

 

もしこれから石鯛釣りを始めようと思っている方はこのベストシーズンを狙って行くといいと思います。

 

まだベストシーズンまで時間がある時はしっかり装備をそろえて、餌の入手経路を確保してベストシーズンに望みましょう。

 

 

いかがでしたか?少し長くなってしまいましたが、石鯛釣りの道具や餌のことは分かっていただけましたか?

 

この記事を読んだ方が一人でも石鯛釣りにチャレンジしてもらえたら嬉しいです。

 

石鯛は幻の魚と言われますが幻の魚を釣ってみたくなりませんか?

 

オスの大型の石鯛はクチジロといい一生で一度出会えるか分からない魚です。

 

私もクチジロに出会えたら剥製を作るつもりです、みなさんもぜひクチジロをゲットしてくださいね。

最後にかなり分かりやすい動画を貼っておきますの気になる方はチェックしてみて下さい。




コメント

タイトルとURLをコピーしました