カヤックフィッシングにかかる費用を解説します!安く抑えるコツも紹介

カヤックフィッシング初心者がタイラバをしているカヤックフィッシング

こんにちはゆうきです。

先日知り合いからこんな相談を受けました。

カヤックフィッシングを始めてみたいけど費用はいくらくらいかかるの?

何か安く抑える方法はないの?

そこで今回はこちらの解説です。
今回の記事の内容

・カヤックフィッシングにかかる費用を解説します

・カヤックフィッシングの費用を抑えるためのコツを紹介します

こちらを解説していきます。

私がカヤックフィッシングを始めた時にかかった費用を解説していきます。

それと安く抑えるためのコツも紹介していきます。

それとここでは書いていませんが、カヤックフィッシングもそうですが、釣りをする際は必ずライフジャケットを着用してください。

ちょっとした油断が命に関わりますので、くれぐれも注意してから釣りをしてください。

 

それでは見ていきましょう〜



カヤックフィッシングにかかる費用を解説します。

カヤックフィッシングにかかる費用を解説します。

 

カヤックフィッシングの費用を解説するまえに、今回は釣り道具の費用は入れていません。

 

 

いきなりよし!カヤックフィッシング始めようって釣りをした事ない方が考えないと思いますので、今回は釣具以外の費用をまとめてます。

 

 

もしカヤックフィッシングを始めてみたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。カヤックフィッシング初心者が揃える道具を徹底解説!釣り方や注意点も紹介!

 

 

まず、絶対必要なもの

・カヤック(¥130000)
カヤック本体がなくてはカヤックフィッシングは出来ません!なので、必ず必要です
価格はピンからキリまでありますので今回は私が初めて購入したパーセプションのペスカドールプロ12の価格を書いていきます。

 

 

私は釣具のポイントというお店で購入してカヤック本体は取り寄せでしたが、送料はポイントさんがサービスしてくれていたので本体代だけでした。

 

 

釣具のポイントではmont-bellのカタログを見ながらピックアップしていったのでmont-bell製品しか選べませんでした。

 

ポイントにはカヤックフィッシングに詳しい店員さんがいたのでほぼほぼお任せで選んでもらいました。

 

 

・パドル(¥8000)
パドルも釣具のポイントで購入しています、パドルもmont-bellのパドルです私が購入したパドルの値段はこれくらいでした。

 

 

私が購入したものはファイバーグラスのシャフトにナイロンのブレードがついているモデルでした。
店員さん曰く初心者の方はいきなりカーボンシャフトはやめた方がいいみたいです、カーボンはロッドと同じで扱いを間違うとすぐに破損してしまいます。

 

 

なので初心者はグラスシャフトがいいみたいです。
それに離岸着岸や岩などにぶつかりそうになった時にパドルで押すことがありますが、初心者で扱いが慣れていないとその時に簡単にパドルを破損するそうです。

 

 

・フラッグ(¥2000)
フラッグは要らないんじゃないの?という方が居ましたが、フラッグは絶対必要です。

 

 

カヤックフィッシングではカヤックに座った状態で釣りをします、そうなると水面から体が出ている高さが1メートル弱しかありません。

 

 

波の高さが50センチだとすると、波の高低差は1メートルになるので波で体がすっぽり隠れてしまいます。

 

 

それに50センチ以下でも漁船やプレジャーボートなどの船は滑走中は先端が上がりますのでカヤックなどは本当に見えなくなります。

 

 

漁船を持ってる知り合いがフラッグを上げていないカヤックやゴムボートは本当に見つけにくいと言っていました。

 

 

事故が起きてからでは遅いのでフラッグは必ず上げましょう!

 

 

・ルーフキャリア(¥15000)
ルーフキャリアは車の中にカヤックを入れれない場合は屋根の上に乗せるしかありません。2〜30キロ程度のカヤックでトレーラーで運ぶ方は少ないと思いますので殆どの方が屋根の上に乗せるカートップだと思います。

 

 

ルーフキャリアはメーカーや車種で値段が違いますが私は安い所のメーカーを探して買いました。ちゃんとしたメーカーなら安くても走行中に外れる事もありませんので安心して下さい。

 

 

・ラッシングベルト(¥1500)
ラッシングベルトはカヤックをカートップ(屋根の上に乗せる)場合は固定するときに使います。私はホームセンターで良さそうなものを買ってきました。

 

 

・リーシュコード(¥1500)

リーシュコードはカヤックと自分、カヤックとパドルをつなぐロープのようなものです、これがないともし転覆(沈)した時にカヤックやパドルが流されて漂流する羽目になります、そうならないためにこのリーシュコードで繋いでおいてください。

 

 

しかし、このリーシュコードは転覆した際に体や足に巻きつくいて身動きが取れなくなる可能性があります。

 

 

その時に対処出来る様にライフジャケットの取り出しやすいところにナイフを入れておいてください。

 

 

あると便利なものを紹介します。
ここからは絶対に必要では無いものもあると便利なものを紹介します。

 

 

・GPS魚群探知機(¥50000)
魚群探知機は魚の餌となるベイトを見つけたり、起伏や水深を調べたり、今流されている速さや魚が釣れたポイントをマークしておくなどいろいろな使い方が出来ます。

 

 

ただ闇雲にルアーを投げるよりもベイトや起伏を狙って釣って行く方が確実に釣果は上がります。
また、魚群探知機は乾電池で動くものもあるのでカヤックフィシングでは重たいバッテリーを持って行くよりも手軽に導入できるので乾電池がおすすめです。

 

 

なかにはモバイルバッテリーで魚群探知機を使っている方もいますが、モバイルバッテリーなら重くもなく嵩張らないのでいいですね。

 

 

・シーアンカー(¥2000)
シーアンカーもあると便利な道具です。

 

 

シーアンカーには2種類ありまして、一つはフォールディングアンカーと言われるイカリ状のアンカーで海底に引っ掛けて使うタイプと、パラシュートアンカーと言われる水の中でパラシュートのように広げて潮の流れに同調させるタイプです。

 

 

二つともとても便利ですが、ロープが長くなるので結構嵩張ります、なので自分がする釣りにあった方を持って行くといいですね。

 

 

一箇所にとどまってピンポイントを狙う釣りではフォールディングアンカー。
潮の流れに同調させて流しながら釣って行く場合はパラシュートアンカーという具合に使い分けるといいですね。




カヤックフィッシングの費用を抑えるためのコツを紹介します

カヤックフィシングの費用を抑えるためのコツを紹介します。

 

カヤックフィッシングの費用を抑えるためにはできるだけ安いものを使う、もしくは自作することでカヤックフィッシングの費用を抑える事が出来ます。

 

 

その代表例として安いカヤックを買う、フラッグやアンカーを自作するという事です。

 

 

もちろん安いカヤックにはそれなりの理由があって安く売られているのを忘れないでくださいね。特に激安カヤックと言われるカヤックは止水処理が甘くカヤック船内に水が入ってきたりする場合があります。

 

 

必ず自分でコーキングなどで止水処理をしてください。
激安カヤックは私も購入しましたが、詳しくはリンクを貼っておきます。激安フィッシングカヤックは使えるか?使って分かった事を完全解説!

 

 

自作に関しては、フラッグの自作方法を解説した記事のリンクを貼っておきます。カヤックフィッシングのフラッグを330円で自作する方法を紹介!

 

 

それから上で紹介したシーアンカーですが、買うと安くても2000円程度しますので、私は使わなくなった傘でパラシュートアンカーを自作しています。

 

 

この作り方も近いうちに解説します。



カヤックフィッシングの費用まとめ

カヤックフィッシングの費用をまとめます。

 

カヤックフィッシングをとりあえず始めたい!という方はあると便利なものを除いて約¥158000円程度かかります。

 

 

これにあると便利なものを追加すると約¥210000円かかってしまいます。

 

 

これに取り付けをショップに頼むなら工賃や送料もかかってきます。

 

 

これが高いか安いかと言われると私は高かったですね、しかし、その値段以上に楽しい思いが出来たのでよかったと思っています。

 

 

そうは言ってもなかなかこの金額を出せないよ〜という方もいます、そういう方のために安いカヤックと自作できるものは自作して費用を抑えてみたいと思います。

 

 

費用を抑えた結果がこちらです。

・カヤック(パドル、パドルコード付き)¥37000円

・キャリア¥15000円

・ラッシングベルト¥1500円

・自作フラッグ¥300円

合計¥53800円

 

 

どうでうか?かなり安くなりましたね、この価格ならだいぶ始めやすくなったと思いませんか?

 

 

もう少し本格的にやってみたいという方は、あると便利というものを追加するので、多少費用がかかってしまいます。

 

 

しかし、カヤックフィッシングは少し沖に出るだけで釣れる魚の種類や大きさが変わってくるのでとても面白い釣りです。

 

 

岸からではなかなか釣れないサイズの根魚や大型の青物や真鯛も釣れます。

 

 

遊漁船に乗るのもいいですが、もう少し気楽にマイペースで釣りが出来ていろいろな魚が釣れるカヤックフィッシングはとても楽しい釣りですよ。

 

 

もちろんカヤックフィシングは海に浮かぶので安全面はしっかり注意してから楽しんでください。

 

 

天気予報で風や波の高さなどをしっかり調べて、無理して沖まで行かずに風が吹き出したらすぐに帰れるようにするなど充分注意してから楽しんでください。

 

 

それではまた〜



コメント

タイトルとURLをコピーしました