キャプテンスタッグのEVAフォームマットがソロキャンプで大活躍

キャンプギア

 

みなさんどうも!キャンプに行ったときに地面が硬かったり、ぼこぼこで寝るとき腰が痛くなったりしたことはありませんか?

 

私はソロキャンプを始めたばかりの時に何もマットを敷かづに寝て超腰が痛くなって夜中に目が覚めたことがあります、

 

まあそのまま快眠出来るわけもなく、寝て起きてを繰り返して散々なキャンプになりました。

 

そこで今回はみなさんに快適にテントで寝てもらうためにマットの紹介をしようと思います。

 

それではどうぞ~



キャプテンスタッグとは

アウトドアやレジャー関連の商品を扱うブランドで、約45年前に新潟県三条市でパール金属株式会社のアウトドア部門がスタートです。

 

手の届きやすい価格帯の商品が多く初めてキャンプを始める方や始めたばかりの方に手に取りやすい商品が多く、ハイブランドではないののタフに使えるギアが多く初心者から上級者まで幅広いユーザーに人気の日本のブランドです。

 

私が初めて買ったキャンプギアもキャプテンスタッグのテントでした、他のブランドより安価に購入出来て、キャプテンスタッグの創業者の考えでこだわりすぎて、誰でも気軽に手が出せない価格になっては何の意味もない、

 

と言うように考えられて、耐久性も考慮されていても手が出る価格はまさにキャプテンスタッグのいいところだと思います。

キャプテンスタッグのEVAフォームマットのサイズ

キャプテンスタッグEVAフォームマットのサイズは展開時は縦182㎝横56㎝厚み2㎝です

 

収納サイズは縦横約13㎝長さ56㎝です、広げると大人一人分の就寝スペース程度の広さです、収納するときは蛇腹折で収納しコンパクトにできます。

 

キャプテンスタッグのEVAフォームマットがソロキャンプで活躍する理由

まず、私はソロキャンプに行くときは、気軽に行けるようにザック一つに道具を詰めて行くスタイルにしているので、いつもサイバトロンというザックを持っていってます、そのサイバトロンの下のベルトにこのマットを通していきます。

 

ソロキャンプは設営から撤収も自分ひとりでしないといけません、なのでこの折りたたむだけで収納でき、さっと出せてさっと片付け出来る、それからコンパクトになるこのマットはとても使い勝手がいいのです。

 

 

さらに、ザックの下や横に挟んでキャンプ場に持って行ける、表面が凹凸になっているので普通のマットよりクッション性がある、なによりコスパがいい、一つ2000円台で買えるので迷ったらこれを買っておけば問題ないと思います。

 

 

キャンプギアの運搬にRVBOXを使われてる方もいると思いますが、適度にクッション性があるので、中の配置次第では、中のギアが暴れるのを防いでくれる役割もになってくれます。




キャプテンスタッグのEVAフォームマットを使う場面

キャプテンスタッグEVAフォームマットを使う場面は就寝時にテント内に敷いて使うと思いますが、それ以外に椅子を持って行かずこのマットを座布団代わりに地べたにしいてその上に座るとおしりも汚れず腰も痛くなりにくいので私は座布団代わりに使う事もあります。

 

 

もちろんその日の夜にテント内に敷くので前の日に雨がっふてたりして地面が濡れてる場合は座布団には使いませんけど、あとちょっと木陰を見つけてこのマットをしいてお昼寝をしたりもします。

 

 

このマットには専用の収納ゴムが付いていてそれを使って折り曲げた状態で枕にしたりもします、ハンモック泊の場合はハンモックにこれを敷いて寝ると快適性があがります。

 

 

ただ、残念なことにカラーが一色しかありません、表が緑で裏が灰色です、個人的にはカラーをもう少し増やしてくれたらおしゃれキャンパーさんたちも使い易くなると思うんですけど、そこはメーカーさんの思いがあるのでしょう。

 

 

快適に寝るだけならこのマットで十分なので結構気に入ってます。

 

キャプテンスタッグEVAフォームマットまとめ

キャプテンスタッグのEVAフォームマットは折りたたむとコンパクトになり、凹凸のおかげでクッション性もあり、座布団や枕の代わりにもまります。キャンプは睡眠で疲れを残さない事が次の日の活動に繋がります、キャンプでは質の高い睡眠をこころがけましょう。

このマットがあるのとないのでは、雲泥の差があります、キャンプやアウトドアで疲れ切った体を休めるのにボコボコの硬い地面では疲れも取れません、せっかくの楽しいキャンプも台無しにならないようにするといいですね。


それではまた~



コメント

タイトルとURLをコピーしました