ミドルアッパーにおすすめのジグヘッドを紹介!使い所も解説します!

ミドルアッパーにおすすのジグヘッドタックルインプレ

こんにちはゆうきです。
先日こんな相談を受けました。

 

ダイワのミドルアッパーて言うワームがあるんですが、ゆうきさんは使ったことありますか?もし使いやすいようなら買ってみようと思います。
ちなみにジグヘッドはどれを使った方がいいですか?

 

ミドルアッパーが気になってるけど、釣れるかわからない、それにジグヘッドは何を使えばいいかわからないな〜重さも何gがいいのかな?

 

そんな悩みを持ったことはありませんか?

 

この記事を読むとミドルアッパーの使い所やおすすめのジグヘッドが分かるようになります。

そんな私はミドルアッパーで根魚からシーバスにヒラスズキ、青物もキャッチしています。

 

そんな私が解説します。

 

今回はこちらの解説です。
今回の記事の内容

・ミドルアッパーにおすすめのジグヘッドを紹介!

・ミドルアッパーの使い所と使い方を解説します!

・ミドルアッパーのまとめ

こちらを解説していきます。

それでは見ていきましょう~



ミドルアッパーにおすすめのジグヘッドを紹介!

ミドルアッパーにおすすめのジグヘッドを紹介します。

 

ジグヘッドを紹介と言いましたが、ミドルアッパーって何?と言う方のためにミドルアッパーってどんなワームなのか解説します。

小沼正弥監修
ダートとタダ巻きの使い分けが可能なナチュラルシルエットワーム。2.5inchが追加。
“職業釣り師”小沼正弥が監修するシーバス用ワーム、ミドルアッパー。フラットバックデルタボディの、シーバス用ストレートミノーのオーソドックスな形を持つこのワーム。最大の特長は、何といっても小沼がこだわった超ソフトマテリアルにある。シーバスが吸い込んだ際に柔軟に折れ曲がり、高確率でフッキングに持ち込めること。ただ巻きではわずかにテールを微振動させ泳ぐこと。それによってスレたターゲットをしっかりフッキングへと持ち込める。

SaqSasフック搭載の専用ジグヘッド、「シーバスジグヘッドSS」を装着することでフッキング率は大幅にアップ。さらに、シーバスジグヘッドSSを使用し、ワームのフラット面を下にしてセットすれば、左右へのダートアクション(ワインド)も可能になる。また、小沼がこだわり抜いたカラーラインナップにもご注目いただきたい。日中の定番、銀粉カラーとナイトゲームに強いアピール系のカラーは、いずれも小沼が釣り込んでGOサインを出した、高実績なものばかり。さらにボリュームアップした4.2インチサイズはシーバスだけでなく青物・タチウオ・ヒラメなどにも有効なカラーラインナップとなっている。

シーバスジグヘッドSS(SaqSas)との組み合わせで、フラット面を上にしてセットすればタダ巻き。テクトロ用ナチュラル仕様。フラット面を下にしてセットすれば、ジャークで左右に飛ぶ「ダート」仕様となり、1本で2役をこなす。バチ、マイクロベイトパターン用2.5inchが新たに登場し、より幅広い戦略が可能となった。

シーバスワーミングの先駆者・小沼正弥からのメッセージ
シーバスゲームの世界にワームの一大ブームを巻き起こした小沼が、いまあえて世に問うワームが「モアザン ミドルアッパー」。そのココロは「誰もが一番使いやすいシーバスワームのど真ん中」だという。「ただ巻き用のワームは、柔らかいほど釣れるけど、これを追求していくと、ホントの耐久性がなくなる。コイツは、釣れる十分な柔らかさのなかで耐久性も持たせた汎用モデル」。これは同時に「逆付けでのダートパターンでも十分いけるレベル。ダートは硬い方が動きは良くなるからね」と2つのアクションを1つのワームで使い分けることが可能となった。「ワームは、食わず嫌いの人がいるけど、港湾から磯までどんなポイントでも切り札になる。こいつをきっかけに、その世界を体験してほしいネ。

ミドルアッパーのキモは「使いどころ」にあるんです。ワームってアピール力が弱いルアーだからシーバスを寄せるために使うんじゃなくて、居る魚に口を使わせるためのものです。だからライバルが多くてスレたポイントや、自分で散々叩いたピンスポットからさらに搾り出したいときに、ぜひ使ってみてください。ワームってよくアタるけど、今ひとつノリが悪いと悩んでいる方にもミドルアッパーをオススメしたいですね。硬いマテリアルのワームを使ったときは、シーバスが吸い込むときにつっかえて弾くことがあるんですが、超ソフトなマテリアルを使ったミドルアッパーなら、折れ曲がってすっぽり口の中に入ってくれますよ。」

セットする向きを変えることで2通りのアクションが可能
画像画像
【フラット面を上】
ステディリトリーブ、ドリフト、テクトロに最適な水平姿勢&わずかにテールを震わせるナチュラルスイムセッティング。
【フラット面を下】
ジャークで左右に飛ぶ「ダート(ワインド)モード」。タフコンディション下でリアクションバイトを誘発。
タダ巻きは絶対直結だが、ダートさせる時は#2級のワイド系スナップが必須。こういう小ワザがワームでは、大きな意味を持つのだ。

 

モアザン ミドルアッパー
アイテムサイズ
(inch)
色数入数
(本)
メーカー希望
本体価格(円)
Jr2.52.5128660 (銀粉カラー=800)
3.53.5146660 (銀粉カラー=800)
4.24.2135660 (銀粉カラー=800)

DAIWA公式HPより出典

 

 

それでは今度はジグヘッドを紹介していきます。

 

ミドルアッパーにあうジグヘッドは同じメーカーのダイワから出ているこちらのジグヘッドです。

このジグヘッドの5gから12gを使います。

 

メインは7グラムを使用して風が強かったり、より深いレンジを狙う場合は12gを使っています、風が弱く表層付近を釣るときは5gを使用しています。

 

これが私の基本の使い方です、風が弱くても表層付近を早く巻いてきたいときには12gを使用することもあります。

 

この辺りは状況を見て使い分けていますが、基本的にはさっき説明した7gをメインで使用しています。

 

次でミドルアッパーの使い所や使い方を解説していきます。




ミドルアッパーの使い所と使い方を解説します!

ミドルアッパーの使い所と使い方を解説します!

ミドルアッパーの使い所は結論、どこでも使えます。

 

こんなこと言うといやいやどこだよ、、、ってなるので詳しく解説していきます。

ミドルアッパーは他の波動が強いルアーと比べると魚を引きつける力はどうしても劣ってしまいます。

 

なので、ミドルアッパーは魚を引きつけるより魚に寄って行く必要があります。

 

どういうことかというと、魚がいる場所に投げてあげることが大事です、ストラクチャーやここには魚がいるという所でより力を発揮します。

 

なのでミドルアッパーを初場所でいきなり投げるのではなく、ここには魚がいると思われるポイントに投げましょう。

 

こう言うと、いやいやそれは魚がいるとこに投げればなんでも釣れるでしょ!って言われるかもしれませんが、確かにそうかもしれません。

 

しかし、魚が食い気満々で餌を待っている状態ならいいですが、少しでも警戒している状態だとそこに波動が強いルアーが来ると魚が嫌がってしまいます。

 

そんなときは波動が弱いミドルアッパーなら釣れてくれます。

 

この使い方で私は今まで根魚からシーバスにヒラスズキと青物もヒットさせています。

 

なのでこの使い方は間違っていなかったと思います。

 

ミドルアッパーのまとめ

ミドルアッパーのまとめですが、ミドルアッパーに合わせるジグヘッドは7gを基準に5gから12gを使用します。

 

風が強かったりより深いレンジを通す時には重めの12gを使用して逆に表層付近を狙うときは軽めの5gのジグヘッドを使用します。

 

そしてミドルアッパーは他のハードプラグのように魚を寄せてくる力はそこまで強くありません。

なのでこちらから魚に近づいていく必要があります。

 

橋脚などのストラクチャーや魚が付いていそうな場所に投げてあげる必要があります、いきなりオープンウォーターにミドルアッパーを投げても効率が悪くなってしまいますので注意が必要です。

 

しかしオープンウォーターで全く釣れないかと言うとそうでもありません。

 

魚が回遊していれば釣れる可能性は上がります。ミドルアッパーは魚を引きつけると言うより魚に歩み寄っていく釣り方がベストですね。


いかがでしたか?

 

ミドルアッパーにおすすめのジグヘッドや使い方を解説していきましたが、ミドルアッパー以外にもおすすめのワームを紹介していますので気になる方はこちらを覗いてみて下さい→マーズR32が超釣れるシーバス釣りの最終兵器が釣れる理由



ソルトルアー動画はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました