マーズR32が超釣れるシーバス釣りの最終兵器が釣れる理由

タックルインプレ

みなさんどうも!今回はR32の紹介をしようと思います、このワームに出会ったのはシーバス釣りを始めて間もないころでした、

 

その時よく一緒に行っていた先輩が進めてくれたのがきっかけで、そのとき結構釣れてからタックルボックスには必ず入れていってます。そんなR32を詳しく紹介していきます。ではどうぞ~



マーズR32のスペック

シーバスゲームの定番ソフトベイト

あらゆる過酷な条件下でも結果を出さなければならない、プロフェッショナルアングラー小沼正弥が最後に手にする切り札的存在。ナチュラルな微弱ロールとリブから発する水流がカタクチイワシそのものの波動を生みだし、あらゆるルアーにスレきったシーバスも難なくバイトに持ち込むことが可能です。先の尖ったスイミング系のジグヘッドと組み合わせることで、そのポテンシャルを120%引き出してくれるでしょう。シーバスのみならず、カタクチイワシを捕食するすべてのターゲットに有効です。発売して10年以上が経った今も、全国各地でスレたシーバスをキャッチし続けている真の定番ルアーです。

 

 ■Size:3.2in ■Color:24 ■1pack:6 ■Price¥700(税別)  ■Target:シーバス

出典元:ヒルクライムHPより

マーズR32が釣れる理由

R32はシーバスを釣るだけにこだわって開発されたシーバス専用ワームです、

 

開発から10年以上たってますが未だに根強い人気を持っています、シーバスが居る場所に投げていれば誰でもシーバスが釣れてしまうすごいワームです。

 

 

3,2インチと言う絶妙なサイズ感が捕食しているベイトを制限させずいろいろな状況のも対応出来るのだと思います。

 

 

特に力を発揮するのが朝まずめや常夜灯周りです、常夜灯の周りにはR32と同じサイズのベイトがよく居るのでベイトサイズにマッチさせやすいサイズが釣果に繋がっていると思います。

 

常夜灯周り以外やデイゲームでもしっかり結果を出しているのでいつどこで投げてもいいと思います。

 

 

しかし12センチクラスのプラグほどアピール力はないので、何も分からないままパイロットルアーとして投げるのではなく、

 

 

地形変化やシーバスがここに居そうだなと分かった時に投げるのがいいでしょう、

 

あとスレたシーバスの食性にアピール出来る銀粉カラーもあるので、スレたシーバスや水質の変化人的プレッシャーにもしっかり対応できるように開発されています。



マーズR32の性能を引き出す方法

R32の性能を引き出すにはいくつかあります。それはアクションタックルバランスがカギを握っています。

 

まずはアクションから解説していきます、基本アクションはただ巻きです、水深5メートル程度ならボトムまで沈めてそのあとはただ巻きでOKです、

 

 

水深が深い場合はカウントダウンで狙った水深より少し沈めてあとはただ巻きです。

 

 

バチ抜けシーズンには軽めのジグヘッドと組み合わせてアップストリームキャスト(流れの上流に向かって投げる)そして流れてくるバチをイメージして流れに乗せて漂わせるイメージです。

 

 

スレて口を使わないときはリフト&フォールで縦の釣りをしてみたり、高速リトリーブでリアクションの釣りを試してみるといいと思います。

 

 

タックルバランスは細糸を使うと性能をしっかり引き出すことが出来ます、メインラインはPE0.6~PE0.8号を使うといいと思います、

 

リーダーは12ポンドを基準に食いが渋いなら8ポンド多少ストラクチャーがあるなら14ポンドあたりを使うといいと思います。

 

 

なぜ細糸を使うかというとラインが細ければ飛距離が出るので周りのアングラーが届かない所の魚を狙えるメリットがあります、

 

あと細糸を使うもう一つのメリットはR32の動きが自然になり魚に違和感を与えにくいという点もあげれます。

 

それからジグヘッドには直接ラインを結ぶようにして下さい、スナップの方が楽なのでついついスナップを使いがちですがR32を使う時だけはジグヘッドに直結してくださいその方が動きがよくなり、さらに釣果に繋がってきます。

 

 

ただやみくもにラインを細くし過ぎるとラインブレイクのリスクも伴ってきますので、荒い根があったり、巻かれそうなストラクチャーがある場合はあまり細すぎないラインセレクトをしてください。

 

マーズR32はマイクロベイトパターンの時にも有効です、マイクロベイトパターン攻略のためにもタックルボックスに忍ばせていると結構役に立つときがありますよ。

 

シーバスのマイクロベイトパターン攻略の記事も書いてます、リンクを貼っておきますので、ので気になった方はチェックしてみてください。シーバスのマイクロベイトパターン攻略!釣れない時はこれを試すべし!

マーズR32まとめ

いかがでしたか?R32の使い方やアクションは自分で探すのも面白いですよ。

 

R32は何袋も持っていくと嵩張りますので、ジグヘッドにつけて色違いを何本かタックルボックスに入れておくと必ず役に立つ日が来ると思います。

 

あっちなみに私はこのまえ50センチくらいのカンパチをR32で釣りました、シーバス専用ワームとして開発されましたが他の魚も釣れちゃうんです。これでロックフィッシュもやったりしますよ、使いやすいですよ。


みなさんもR32でいい魚に出会えますように!では~



コメント

タイトルとURLをコピーしました