初心者でもロングライドは出来る!装備や事前準備などを詳しく紹介!

初心者がロングライドをしているロードバイク

 

こんにちはゆうきです。

今回はロードバイク初心者でもロングライド出来るかを解説していきます、まだロードバイク買ったばかりでロングライドするのは自信ないなと思っている方にロングライドは初心者でも出来るよ!という事を体験談も交えながら解説して行きます。

 

この記事を読むとロングライドが出来るようになる走り方や装備に事前準備などが分かるようになり、次のライドに役立つようになります。

 

それでは見ていきましょう~




 

初心者がロングライドをする時の走り方を解説!

初心者がロングライドをする時の走り方を解説していきます、まず、初心者の方はそんなに長い距離を走ったことがないと思います。

 

そこでまず休憩なしで20キロ走れるようになりましょう、いきなり激坂をルートに入れてロングライドのルートを決める方は少ないと思います。

 

普通は平坦がメインになると思います、そこで平坦を25~30キロ程度で走れるペースで行くと20キロは1時間かかりません、なので、20キロを1セットくらいにすると100キロ走るのに休憩を入れても5時間程度で走破出来る計算になります。

 

私が初めてロングライドしたときも20キロ程度しか走っていませんでした、かなり不安でしたが休憩を入れながら走ると走り切ることが出来ました。

 

ペダリングも踏まずに回すを心がけて足に負担を掛けないようにして走りました、もちろん途中の坂道は踏まないと登れませんでしたので、そこは踏んでましたが、その他の平坦区間は踏まずに回すを心がけて走りました。

 

この踏まずに回すというと最初の頃は全然ピンと来ませんでしたが、少しずつ分かるようになってきました。

 

踏まずに回すと言うことは少し軽めのギアで軽く回す感じで、時計で説明すると12時から3時くらいまでペダルを踏むイメージです、このときもグイッと踏み込むのではなく、軽い力で回すイメージを持ちましょう。

 

ある程度スピードに乗ってきたら軽い力でスピードを維持することが出来るので、踏み込んでスピードを維持するのではなく、あくまでもペダルは回すと覚えておいてください。

 

このときに1秒間に1回程度ペダルを回すイメージでいると疲れにくくなります、それくらいのペースでペダルを回せる力で回すとスムーズにペダリングが出来ます。

 

BPM60~70くらいの好きな音楽を探しておくと好きな音楽に合わせてリズムよくペダリングが出来るのでおすすめです、あまり早すぎるテンポだと逆に疲れたりするのでこのくらいが最初はおすすめです。

 



初心者がロングライドをする時の装備と事前準備を解説!

初心者がロングライドをするときの装備と事前準備を解説していきます、まず、装備から解説していきます。

 

季節で服装は変わってきますので、服装は季節に応じた格好となりますが、注意しないといけないのが特に夏場です。

 

夏の昼間に走る場合は極力肌の露出を少なくして、日焼けしないようにしましょう、日焼けはジリジリ体力を奪っていきます、なので、肌が露出しそうな腕や足は、レッグカバーやアームカバーをつけるか、長袖のインナーなどを着用するようにしましょう。

 

それから、事前に天気予報はしっかり確認しましょう!雨の中のロングライドより晴れた日のロングライドの方が走りやすいです。

 

もし雨が降りそうなら、中止するのもありです、もちろん雨でもロングライドに行く人はいますが、いきなり雨の中のロングライドは過酷だと思います。

 

雨で思うように走れず焦って事故に繋がったり、雨で滑って落車とかになると、自転車に乗れなくなってしまいます、そうなると嫌ですよね?

 

余談ですが、私も初のロングライドは雨予報でしたので、残念でしたが中止しました、周りには行きます!と意気込んでいたので、行く行く詐欺みたいで嫌でした。

 

中止を決断したら雨だから無理しないほうがいい!中止して正解だよと言ってもらえて悔しい中にも嬉しさがありました。

 

なので私も初めてロングライドに挑戦するという方には雨なら中止したほうがいいよとアドバイスします。

 

それから、ロングライドになるともし途中でトラブった時などは自分で解決しなくてはいけません。

 

なので、サドルバッグなどにスペアのチューブや、工具などは必ず積むようにしましょう。

 

私が持っていくのはスペアのチューブと携帯ポンプ、携帯工具、カギくらいはいつもサドルバックに入れています。

 

そして、ボトルは2本水を入れて持っていってます、このボトルは、始めに飲む方は氷を入れて、もう一本のボトルは水を半分くらい入れて凍らせておいた物に当日水を入れて持っていきます。

 

こうすると2本目のボトルを飲み始めても冷たい水が飲めるようになります、真夏の暑い時間帯にぬるい水より少しでも冷たい水のほうがおいしいですよね。

 

それに少しでも冷たい方が熱くなった体を冷ます効果もあるのでいいと思います、持ってきた水がなくなったらコンビニなどで冷たい水を入れて補充しましょう。

 

もし、ボトルで水を凍らせる場合はお手持ちのボトルが凍らせられるか確認してから凍らせてください。

 

凍らせてはいけないボトルを凍らせて破裂して、気付かずに水を飲もうとしたら水が入っていないとなると、脱水症状になる危険もあります。

 

そして、普段から通りなれている道なら問題ありませんが、初めて行く場所ならGoogle Mapなどで休憩する箇所を事前に把握しておいたほうがいいです。

 

このコンビニで休憩して次はこの道の駅で休憩して、など計画するとロングライドも目標を持って楽しむことが出来ます。

 

それにもし初めて行く場所で次のコンビニで休憩しようと思ってもコンビニがなかったら水分補給や補給食の補充も出来ずに最悪の場合はハンガーノックという極度の低血糖状態になってしまいます。

 

ハンガーノックになってしまうと体が動かなくなってしまい、そのまま意識を失ってしまうこともあり大変危険です。

 

そんな危険な状況を回避するためにも事前の計画は大事になってきます、そして、ただ走るだけでも楽しいですが、その土地の美味しいものやきれいな景色など楽しめるものを取り入れるとロングライドも楽しくなります。

 

そして意外と忘れがちですが、もし途中でメカトラブルやもう無理!走れない~となったときにレスキューしてもらうための事前準備も大事です。

 

同居する家族や、心優しく100キロ離れててもお前のためなら飛んでいくぜ~!っと言ってくれる友人などに連絡しておきましょう。

 

まあもし友人や家族に何十キロも離れた所にレスキューに来てもらったらご飯くらいはご馳走してあげましょうw

 

余談ですが以前車が動かなくなって助けに行って無事救出したら、お礼も言われなかったと言う経験がありますw

 

まあ昔の話なのでいいんですが、

 

話はそれましたが、レスキューを頼んでいた人にはだいたいこの時間には帰り着くという事を伝えておくといいですね。

 

そして帰り着いたら、今帰り着いたよ~と伝えておくと、相手もまだ帰ってないのかな?と不安にならずにすみますからね。

 

いかがでしたか?以前私が初めてロングライドに行った時にまわりの方からのアドバイスを受けて実践した事を解説してきました。

 

今回紹介したことを実践すると初心者でもロングライドは出来ると言えます、しっかり事前準備をして、当日の体調と相談して、休憩をしっかり入れたら実際に完走することが出来ました。

 

ただ完走したい気持ちが先走って休憩をおろそかにしたり、体調が悪かったりするときに無理して走るのはやめましょう。

 

これからも自転車ライフを楽しんで行きましょう。

 

それではまた~




 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました